読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

foottanの取扱い説明書

不定期更新中、夜行性・たまにオチが暗いブログがあるので注意

②国土交通省の非常勤採用試験攻略方法

国土交通省の非常勤採用試験攻略方法②(求人票検索~応募編)


国土交通省の求人は各事務所近くのハローワークに求人募集をお願いして募集をします。
その際たまにチラホラ聞くのは『3年働いた後勤務態度がよければ、再雇用の可能性があるのかな?』ですが、ハッキリ言えば今現在非常勤は最大3年で契約終了し、その後は日本国内にある国土交通省関連の事務所でまた働く事は規定で無理です。
また再就職の斡旋等も全くしていないので、それを踏まえた上で応募して下さい。

そして求人票を見つけて応募する際の注意事項ですが、求人票に書いてある事に関しての質問は採用担当者ではなく電話に出た非常勤が答えますが、
求人票に書いていない事を質問すると面接担当者が変わりに出て質問に応える事になるので、求人票に書いていない事以外で質問したい場合は、本当に必要な質問か一度自分で考えてから質問した方がいいです。

そしておそらくですがハローワーク職員さんが事務所に電話してくれて受け答えしてくれると思いますが、もしお願いする事が可能であればどういう人材を求めているのか聞いてみて下さい。
というのは前回①でそれとなく記入しましたが、所属部署によって非常勤の仕事量は違います。
なので毎年募集していてもその時に辞めるメンバーによって求めている人材はバラバラなので、これを予想するのは知り合いが応募先で働いていなければ無理です。
また国交省としても質問された内容は直接的な言い方は無理でもしっかり質問には応えないといけないので、どういう人材を必要としているか回りくどく教えてくれる可能性があるので機会があればチャレンジしてみて下さい。
(採用担当者によっては質問には応えるけど印象が悪くなる可能性もあるので、質問する場合は名前を応募先に伝えないように気をつけて下さい)

また応募人数が1~複数人あった場合、募集人数×10人以上応募があると、その時点で求人終了になる事が多いので、求人を見つけた際は今時点での応募者数を必ず確認して下さい。